脱出ゲーム製作について(1

全然初心者なんで語れることなんて何もないんですが、
一応どうやって作ったかみたいなことを書いておこうと思います。
誰かの何かの参考になれば…。いや、参考にしちゃダメかもしれない…。

[call]の画像について。
googleの「sketchup」で部屋やアイテムを設計し、BMPで書き出したものを
「GIMP」で読み込ませ、透過させるものは透過させ、PNGに変換して使いました。
「sketchup」を使用したのは趣味の木工で使い慣れてたからです。
かなり気楽に使えるソフトで、軽いものなら一瞬で作れるところがお気に入りです。
難点としては光源が作れないという事で、絵が描ければ
何とかできたのかもしれませんがまぁそれは諦めました。

[Tetsuo in the Room]の画像について。
スタッフロール中の部屋以外は全てベクタ画像で、「inkscape」で描いたものを
「SVG2PDR」でPDRに変換した後、「paradrow」にて修正して使用しました。
色々融通が利きそうだったので「inkscape」を利用しましたが、
「paradrow」だけで普通に作れたような気がします。今更ながら。

ちなみに、画像の大変さでは[Tetsuo]の方がはるかに大変でした。
[call]は数字だけ打ち込んでいけば勝手に部屋はできるので、
あとはカメラ位置とアングルを調節するだけで画像が出来上がるのですが
[Tetuo]の場合、結局は手書きなんで、面倒くさいとかは全然いいとしても
「どう描けばいいかわからない」というのがホントてこずりました。

長くなったので次へー。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント