使っている機材とか?

やっべー。
ゲーム作りが詰まりに詰まって
同じ場所でもう12日!!やっべー。

ハイというわけで。
本日は使っている機械ですよ!!

まずwindowsPC。結構前に自作したヤツ。
osは10でCPUがi7の4790Kでメモリが16Gです。
普段がビデオボードがgeforceの980です。
blenderでガツっとレンダリングする時は780Tiを足して
2台を計算に回してintelで作業する…ってな感じです。
あとは適当なマザボとか電源とかSSDとか。

ビデオボードをつけたり外したりするので
ケースには入れてません。危険!!
こだわりポイントとしては、静音性ですかね。
ファンの音が苦手なんですよね。ものすごく。

んで、mac book proの15inch。2015のmid。
AMDが入っているヤツなんですが、すげー画面がチラつくんですよね。
リコールもかかってないし。ナゾ。
…ので、GPU切換えソフト?で固定して使ってます。

あとは動作確認用のスマホが数台とMIDI関係と…。
参考写真撮ったり、メモったり、音を録音したりで
iphone6とipadproはなんだかんだ結構使うかな…。

あ、謎に液晶タブレット持ってますな。
13HDという結構昔のヤツ。稀に引っ張りだす感じ。

こんなもんですかね。えぇ。
まぁどこにでもあるような環境かな、と。
基本的にはwindowsがメインでmacがサブって感じです。
まぁどっちともあると便利いいです。楽しいし。

ときどーきオススメの環境とか聞かれるんですけど、
特にないです。何でも大丈夫かな、と。
あるもので作ればよいのではないかな、と…!!

あえて言うなら、windowsをintelで自作して…
性能はその時代の上の下~中くらい。
ビデオボードはcudaコア1500~なら十分実用的なハズ。
んで、macが13inchのmacbookproで一番安いヤツ。
…って感じでまぁ大体何とかなるかな、と。

…ってな感じです。
スポンサーサイト

スマホゲームは終われない。

実は脱出ゲーム以外のスマホゲームをあまりしないのです。
いや、一時期課長がスマホゲームをしない、と言っていて
話題になってたもんで、あぁ自分もしないなぁ…と。
…つってもこっちは特にこれといった理由がなくて。
ダウンロード自体は結構するんですけどね。
ソーシャルゲームは最後がないゲームも
多いみたいなのでアレですけど。

…なんて言うか。アレに近いかも。
2時間の映画を見る時間は作れるのに
1時間のドラマを見る時間は作れない…。
…みたいな??

PCゲームの70時間は作れるのに
スマホゲームの一日5分が作れない…。
なんじゃそりゃ…。

2時間の集中ダイエットメニューはできる
のに、1日5分の柔軟が継続できない…。
これは違うか…。

あ、昨日の分の薬飲み忘れてる。
知らんがな。

…まぁわかんないですね!!
…というオハナシでした。

次は使っているパソコンとか
機材系を書こうかなと!!

使っているツールについて。

ほとんどフリーソフトを使わせてもらってます。
これは…まぁお金ナイヨ!!というのもありますが
どのパソコンでも速攻で環境を作れるというのが
一時期すごく助かる状況だったんですよね。
…そのまま今でもそんな感じです。

んで、ツールですが。
一応ゲームのどこかに使わせてもらったソフトを
書いているんですが、全部ではないんですよね。
有料のは書いてないし。
全部を書き出すと↓になります。


3D関連はほぼblenderで、稀にdesignspark mechanicalを
モデリングで使わせてもらってます。
モデリングは全部自分です。
birthまでは自分の部屋をカメラとかスキャナーで
取り込んでテクスチャとして使ってました。
壁紙とか木目とか。あ、空は借りたかな。
birthからは色々テクスチャを借りてます。

2D画像素材制作はfirealpaca、gimp、
clip studio paint、inkscapeです。
clip studio paintが有料ソフトですね。
あ、簡単なのはwindowsのペイント?を使う事も。

画像の明るさとかフォーマットを変えるのは
ralphaというソフトを使わせてもらってます。
トリミングとか合成とかもできます。

合成だけでいうとjointogetherというソフトを使わせてもらってます。
レンダリング画像の1部分だけをガガッと修正したい時に。

あとは自作の画像合成・トリミング・タップの位置決めツール的な。

音関係は昔から使ってて慣れてるCUBASE7.5です。
新しいUIが馴染めなくて戻してます。どないしょ。
時々garagebandも使います。
…っつっても、あんまり音入れてないんですよね。
元々は音楽を入れたくてゲーム作り始めたハズなんですが…。

録音はyamahaのレコーダーアプリを使わせてもらってます。
前はマイクとか使ってたんですけど、今はiphoneを
近づけてアプリの録音ボタンを押すだけ。便利。

フローチャート?作成にieditというソフトを使わせてもらってます。
最終的には全然違う感じになっちゃうんですけども。

iPadproとペンシル。アンテナになるタイプの。
ざざざーっとアップルのメモアプリに
思いついたことを書きなぐったりします。

後は…画像を見るのはwindowsのフォトビューワーが
ラクチンで使ってます。最初からついてるヤツ。
まぁ10で変なのになっちゃって戻しましたが。
いや、変なのではないんですけども。

んで、アプリ作るやつはxcodeとunityと。
xcodeはUIKitで作ってます(次から変えるかも)。
unityはUNITY-UI-Extensionsというアセット?の
指でラインが引ける機能を使ってます。
一応unityにもついてはいるんですが
「3D座標で使いにくい!!」と思いまして…。

…で全部ですかね。意外と多い!!
有料のはclip studio paintとcubaseかな?あとテクスチャ関係。
フリーでも寄付とかを受け付けていたりするのでブッコみたいな、と。
最近クリエイター支援とかもあるんですよね…。ブッコみたい。
今はちょっと厳しいのですが!!

…とまぁこんな感じです!!長い!!

実写ゲーム!!

んで、画像のハナシの続きなんですがね。えぇ。
ゲームで使われる画像には色んな種類ありますよね。
一言に2D、3Dと言っても更に細かいジャンル分けがあるし。
まぁいい感じにできるならなんだっていいわけなんですが、個人的に
こりゃものすごく扱いが難しい!!と思うのが「実写」です。

ゲームで使用する画像というのは…ゲームだけに限りませんが
記録映像というワケではなくて、画像を通して何らかの
印象?的なものを持ってほしい場合がほとんどだと思うんです。

んでやっぱりね。
ただ撮るだけなら今時だと誰でもできると思うんですが、それで
何かを伝えるというのは、すんごく難しい事なんだな、と。
まぁプロいますもんね。そりゃそうか。

あとこれは3D系のゲーム画像にも該当してくるんですが、
モノの傷や汚れみたいな、ゲームプレイに関係ない物が
プレイヤーのストレスを強力に誘発してしまう問題とか。
3DCGならね。いらないものとかバッサバッサ削除すれば
いいんですけど、実写だとそう簡単にはいかないワケで。

さらに言うなら、実際のキズや汚れって、ゲームとかの
雰囲気づくりとしてはちょっと地味すぎるっていうか
なじみすぎるというか。

…まぁまぁ。ネチネチ書いていくとすごい長さになるので
アレですが、うまく使えている作品が多数あるのも事実で。
一度は手を出してみたいと思わせる題材であることには違いなく…!!

…シロウトがこんなマジメなことを
知ったように書いてよろしいのだろうか…!!
よろしくねぇ!!よし。ここら辺にしとこう。

もっとアレですよね。
使わせてもらってるツールとかそういうのを書こう。
うん。

ちょっと休憩

オハザス!!decoです!!
最近はわりとゲーム製作ばっかりですね!!
昨日やっとこさ1章で使う部屋のモデリングが終わりまして。
ホント手こずった…。もうちょっとサックリ作れるかと
思ってたんですけどもね!!和室って構造が難しい!!

そういえば、なんか制作とか開発のこととかを
書く!!とか前に書いたんですよね。まぁでも
よく考えたら別に普通に作っているだけなので
これといったネタもなく…。うーん。

ゲーム作る時に一番時間かけるのは画像ですかね。
…って、ビデオゲームだし当たり前か…。
実物のゲームと違って、手に取った時のワクワク感が
ない分、何かしら工夫する必要があるのかな、と。たぶん。
特に3Dレンダリング画像は頑張れば頑張るほど
「普通」に近づくだけ…みたいなアレがあるじゃないですか。
まぁまぁ。バーチャルだからこその部分をね。なんとかかんとか。

…イマイチやっぱアレですよね。
文章で伝えるのって難しいですよね。
口頭でも難しいけど勢いでごまかせるというか。
まぁでもちょっとずつ書いていってみようかな、と‼